00:08 2020年06月03日
経済
短縮 URL
0 80
でフォローする

OPECバスケット価格が金曜日29日、2.06%つまり0.82ドル下がり1バレル=38.97ドルになった。前日の価格は1バレル=39.79ドルだった。OPECの声明による。

OPECバスケット価格が1バレル=39ドルを割ったのは04年11月24日の38.95ドル以来だ。

7月の原油平均価格は1バレル=42.68ドルで、16年全体の平均価格は37.2ドルだ。

OPECバスケット価格はOPEC諸国の代表的な原油価格を加重平均した値で、それは次の原油だ。アルジェリアのサハラブレンド、アンゴラのジラソル、エクアドルのオリエンテ、イランのイランヘビー、イラクのバスラライト、クウェートのエクスポート、リビアのエスサイダー、ナイジェリアのボニー・ライト、カタールのカタールマリン、サウジアラビアのアラブライト、アラブ首長国連邦のマーバンとベネズエラのメレイだ。

先に伝えられたところによると、ドル安を背景に世界の原油価格が肯定的な動きを示していた。

関連:

OPEC原油のバレル当たり価格、11月以来初めて38.3ドルを下回る
石油・ガス・石炭の代わりに太陽熱、風力そして水力を用いた発電へ
タグ
石油, OPEC
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント