14:15 2020年05月30日
経済
短縮 URL
162
でフォローする

1月から7月のロシアのウラル原油の平均価格は3分の2に暴落し、1バレル=38.68ドルとなった。ロシア財務省が報じた。

15年同時期の平均価格は1バレル=56.76ドルだった。

15年7月のウラル原油平均価格で1バレル=43.58ドルとなり、6月の1バレル=55.51ドルより0.78倍低くなった。

前に伝えられたところによると、ロシアで実施された社会調査によると、原油価格の揺れを気にしているロシア人はたった 3割だけだという。

関連:

原油価格、ドル安を背景に微増
ロシアとトルコが2つの石油パイプライン「トルコストリーム」建設を討議
タグ
石油, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント