12:51 2017年09月26日
東京+ 24°C
モスクワ+ 11°C
    石油

    原油価格が再び100ドルになる可能性はあるか?

    © Fotolia/ Edelweiss
    経済
    短縮 URL
    15740612

    中国の石油会社CNPCの国際部長リー・ユエチャン氏は、原油価格は今年は平均してバレルあたり50ドル程度で、5〜10年以内に100ドル台に達することは不可能であると述べた。

    現在、ブレント原油10月先物価格はバレル当たり43ドル、WTI原油の9月先物価格は41バレルの水準。

    「現在の需給の不均衡は一時的な現象と思う。2016-2020年またはそれより長期的には石油と天然ガスの需要拡大は避けられない。それが市場の現実だ」

    「年内は原油価格がバレル当たり50ドルに留まることを期待している。これが合理的な価格であると思う。私たちの推計では、これから5年から10年の間に価格が100ドルに達することはほぼ不可能だ」

    価格回復の阻害要因として有力なのは非従来型のエネルギー生産の発展だという。

    関連:

    クウェートでガソリンが80%も値上がり
    バンク・オブ・アメリカのアナリスト「年末に原油は1バレル50ドル以上に跳ね上がる」
    ロシア原油の平均価格、3分の2に暴落
    タグ
    石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント