15:38 2018年06月19日
石油

OPEC、原油生産凍結問題に立ち戻りを希望

© Sputnik / Ramil Sitdikov
経済
短縮 URL
201

OPECのうちの数カ国は原油生産凍結問題を再び持ち上げ、16年9月には凍結について話しあいたという。ウォールストリートジャーナルが報じた。

問題を提起したのはベネズエラ、エクアドル、クウェートだ。彼らは、9月までにはイランは制裁前の原油生産レベルである1日400万バレルを生産する可能性があると指摘する。16年4月、カタールが原油増産凍結参加を拒否したとき、イランはまさにこの根拠を使った。

公式にイランはこの情報についてコメントすることを避けている。他国は、交渉の新たなラウンドは、OPEC代表者らがアルジェリア、国際エネルギーフォーラムで顔を合わせる9月26日に来る可能性があるとしている。同紙のさらにもう1人の情報源は、原油生産凍結についての議論を切り出すのはエクアドルになると指摘している。

原油価格は4日、米エネルギー省のガソリン備蓄の削減に関する発表を受け、2.5%上昇した

関連:

原油価格が再び100ドルになる可能性はあるか?
原油価格、ドル安を背景に微増
日本貿易収支、5年半ぶりの黒字、原油安で
タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント