17:13 2018年12月11日
サウジアラビア、アジア向けに原油価格下げる

サウジアラビア、アジア向けに原油価格下げる

© AP Photo / JOHN MOORE
経済
短縮 URL
0 132

サウジアラビアは先週アジア市場でのロシア、イラン、イラクとの競合を背景に、原油価格を1バレル=0.7から1.3ドルの価格帯に引き下げる。具体的な値段は原油の種類によって異なる。ウォールストリートジャーナルが報じた。

石油
© Sputnik / Maksim Bogodvid
同紙は次のように述べている。

「この値下げはサウジアラビアがアジア市場での中東や欧州からの他のプレイヤーに対する競争力を強めるためなされた」

第2四半期でサウジアラビアはインドへの原油供給量でイラクに1位の座を譲った。イラクはインドに、サウジアラビアの売却量より100万トン多い1100万トンの原油を売った。

中国ではサウジアラビアは主にロシアと競合している。中国税関のデータによると、ロシアは今年6月中国に、去年同時期の400万トンよりも9%多い原油を輸出した。

イランの中国、日本、韓国への16年上半期の総輸出量は、前年比で29%増加し、1日140万バレルとなった。

先に伝えられたところによると、ゴールドマンサックス、16年度下半期の原油供給不足についての予測を修正した

関連:

OPEC、原油生産凍結問題に立ち戻りを希望
原油価格が再び100ドルになる可能性はあるか?
OPEC原油のバレル当たり価格、11月以来初めて38.3ドルを下回る
タグ
石油, サウジアラビア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント