00:57 2017年06月29日
東京+ 22°C
モスクワ+ 22°C
    OPEC会議議長でカタールエネルギー相のムハメド・ベン・サレフ・アッサダ

    OPEC、今年の原油需要増大を予測

    © AP Photo/ Ronald Zak
    経済
    短縮 URL
    280643

    OPEC会議議長でカタールエネルギー相のムハメド・ベン・サレフ・アッサダ氏は本日の声明で、今年後半の原油需要増大を予測。価格下落は一時的なものだと述べた。

    「大手消費国の経済が成長し、当面の四半期、原油需要が増大する」「今年第3第4四半期の需要増大予測と余剰分の縮小が相まって価格下落は一時的なものであり今年後半原油価格が増大するとの予測が可能になる」

    将来的には投資不足による消費増大で採掘量が下がるとエネルギー相。

    先に伝えられたところによると、8日、OPEC(石油輸出国機構)加盟国による生産水準凍結に関する協議再開の可能性があるとの報道を背景に、原油価格が上昇している

    関連:

    サウジアラビア、アジア向けに原油価格下げる
    OPEC、原油生産凍結問題に立ち戻りを希望
    プーチン大統領とエルドアン大統領との今度の会談から何が待たれるかがトルコで話される
    タグ
    石油, OPEC
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント