13:52 2017年07月22日
東京+ 32°C
モスクワ+ 13°C
    ドルロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領

    ロシアとトルコにドル廃止の可能性

    © Fotolia/ Givaga © Sputnik/ Alexei Druzhinin
    1 / 2
    経済
    短縮 URL
    35666554

    ロシアとトルコは自国通貨建てに移行する可能性がある。ペテルブルクで行われたプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領の会談の結果明らかになった。

    両大統領によると、ロシアとトルコの自国通貨建てはロシアとトルコ間の貿易量を大幅に増やす可能性があり、それは特に旅行セクターでの雇用の増加につながる。

    高等経済学院の教師であり東洋学者のアンドレイ・チュプリギン氏は次のように述べている。

    「自国通貨建てはすでに中国、韓国そして一連の南米諸国で実現されている。しかし、自国通貨建て移行は、米国が依然として世界で最も強い通貨である以上、極めて複雑で長いプロセスだ」

    先に伝えられたところによると、トルコの メヴリュト・チャヴシュオール外相は今日11日、トルコはシリアでの対ダーイシュ(イスラム国、IS)共同作戦の可能性をロシアと審議する準備があると声明した。

    関連:

    プーチン、エルドアン両大統領の連合は世界のパワーバランス変える可能性
    ロシアはトルコ企業に対する制限を段階的に撤廃する方針-プーチン大統領
    ロシアとトルコは両国関係を危機前のレベルにする予定
    タグ
    露土関係, トルコ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント