20:35 2018年02月25日
東京+ 6°C
モスクワ-15°C
    石油

    原油価格、供給過剰の圧力を受け最安値維持

    © REUTERS/ Essam Al-Sudani
    経済
    短縮 URL
    150

    原油価格は木曜も市場の供給過剰が続いているというニュースの圧力下にある。

    日本時14:00時現在、ロンドンのICE先物取引所におけるブレント原油の10月先物取引価格は3セント下落、バレルあたり49.02ドルになった。

    ニューヨーク商品取引所(NYMEX)の電子取引におけるWTI原油10月先物は2セント上昇、バレルあたり46.79ドルに。

    水曜日に公開された米国エネルギー省の情報によると、先週原油在庫は250万バレル増加。平均85万バレルの低下というアナリストらの予想を大きく上回った。

    原油の関連ニュースはこちら

    関連:

    原油価格 米国の原油在庫データ発表を受けて再び下落し始める
    ゴールドマンサックスは、原油生産が凍結されるのはいつかを語る
    タグ
    経済, 石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント