03:33 2018年07月17日
サムスン スマホ爆発事件後フラッグシップ機供給を停止

サムスン スマホ爆発事件後フラッグシップ機供給を停止

© REUTERS / Kim Hong-Ji
経済
短縮 URL
0 02

サムスンは、無期限で自社のフラッグシップ機Galaxy Note 7の供給を見送ったと発表した。同社発表では、機器は製品の品質に関する追加のテストを要すると述べられている。マッシャブルが報じるところ、このような対策は、スマートフォンの電池が爆発し、スマホが手にあるときに爆発したこともあった事件と関係している可能性がある。

サムスンの報道担当は延期の理由についてコメントをひかえている。マッシャブルは、品質調査は、韓国メディアが激しく報道しているスマートフォン爆発の一連の情報の後始まったと考えている。

最近少なくとも5人のバイドゥ利用者が、サムスンのフラッグシップ機のスマートフォンの爆発や出荷の苦情を出している。

いくつかのケースの説明から判断すると、機器は純正ではない充電器を接続したときに発火する様子。

先に伝えられたところによると、マスコミは世界1信頼性の低いスマートフォンを決めた。

関連:

グーグル、Uberより低額の競合サービスを開始へ
サムスンのスマートフォン、北米ではアップル製品より人気
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント