20:46 2017年08月20日
東京+ 27°C
モスクワ+ 30°C
    原油

    原油価格、前日3%以上の急落を受け、補正として上昇

    © AP Photo/ Hasan Jamali, File
    経済
    短縮 URL
    178502

    原油価格は金曜、前取引セッションでの急落を受け、上昇している。

    日本時間14時11分現在、ロンドンのICE先物取引所におけるブレント原油の11月先物価格は0.31ドル(0.68パーセント)増加、バレルあたり45.76ドルとなった。木曜は1.44ドル(3.07パーセント)減少、バレルあたり45.45ドルとなっていた。

    ニューヨーク商品取引所(NYMEX)の電子取引による10月のWTI原油先物価格は0.29ドル(0.67%)増加、バレルあたり43.45ドルに。前セッションは1.54ドル(3.45パーセント)減少、バレルあたり43.16ドルとなっていた。

    WTIはこの4セッションを通じて9.4%下落しており、2月以来最大幅の減少を示している。

    原油の関連ニュースはこちら

    関連:

    原油価格見通しが半年ぶりに下方修正
    メキシコ 原油価格の下落に10億ドルの保険をかける
    原油価格 ドルの下落を背景に緩やかに回復
    タグ
    経済, 石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント