22:00 2021年04月20日
経済
短縮 URL
0 70
でフォローする

ロシアの原油・コンデンセート生産量の日量平均は、9月初めから1100万バレルを超えた。統計データによって明らかとなった。通信社ブルームバーグは、これは1991年以来のことだと指摘している。

ブルームバーグはエネルギー調査会社FGEのアナリストらの見解として、投資家たちは今月アルジェリアで開かれる産油国会合を前に、ロシアの原油生産量に関する最新情報を「ある程度の慎重さを持って」検討するべきだと報じている。

9月下旬にアルジェリアで国際エネルギーフォーラムが開かれる。同フォーラムの枠内でOPEC(石油輸出国機構)は非公式会合を開く予定。会合ではOPEC加盟国と非加盟国の産油国による原油生産の増産凍結に関する話し合いが再開するものとみられている。

なお春にドーハで同様の協議が行われたが、OPEC内部の意見の相違などが原因で失敗に終わっている。

原油の関連ニュースはこちらから。

関連:

原油増産凍結の可能性ありとのニュース背景に原油価格上昇
ロシアとサウジアラビア、原油市場の安定化措置で合意
タグ
経済, 石油, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント