08:02 2021年07月26日
経済
短縮 URL
5261
でフォローする

日本はロシアから日本へのエネルギーブリッジ建設プロジェクトの実現に向け、現在、電気エネルギー輸入を禁じている法律に修正を加える構え。ロシアのノヴァク・エネルギー相が明らかにした。

ノヴァク大臣は次のように語っている。

「日本側は関心があることを明確に示した。それだけではない。法律に修正を加える構えであるとまで語っている。なぜなら現時点では日本の法律では電気エネルギーの輸入は禁じられているからだ。

現段階ではフィジビリティスタディが行なわれており、今年末にも終了する予定だ。プロジェクトは3段階仕立てになり、第1段階では最高200メガワットにまで、そして将来は2ギガワット超まで出力を上げていく。」

先に伝えられたところによると目黒祐志・三井物産株式執行役員CIS総代表は、「ロシアと日本の間にエネルギーブリッジを構築するプロジェクトは将来的に可能」と述べた。

関連:

露日、エネルギー、ハイテク、石油化学共同プロジェクト審議
ロ日間の「エネルギーリング」は長期的だが現実的プロジェクト
「サハリン-日本」エネルギーブリッジ建設投資額 70億ドルとなる可能性
「サハリン-日本」エネルギーブリッジ・プロジェクト、ロシアが実現化を検討
タグ
経済, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント