19:53 2021年10月18日
経済
短縮 URL
0 181
でフォローする

サハリン・エナジー社は2015年、「サハリン2」プロジェクトの枠内で石油を57回、液化天然ガス(LNG)を156回輸出のために送り出した。同社の代表オレ・マイケルステッド氏が28日、会議「サハリンの石油とガス2016」で発表した。

マイケルステッド氏は、「2015年は主に日本、韓国、中国に供給された。約45パーセントの石油が日本の大手企業らによって出荷され、約3.5パーセントがインドネシアとシンガポールへ送り出された。これは石油の需要が高いことを物語っている」と述べた。

先にロシアのガスプロム社が「対日供給を想定し、極東サハリンの液化天然ガス(LNG)生産基地を増設する」と報じられた。

関連:

サウジアラビア、石油減産に応じる構え
ロシア・エネルギー省、石油減産で合意達成
タグ
ロシア, 日本, 露日関係, 経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント