21:56 2017年09月20日
東京+ 25°C
モスクワ+ 16°C
    専門家予測、石油市場の中期的安定は無理

    専門家予測、石油市場の中期的安定は無理

    © REUTERS/ Sergei Karpukhin
    経済
    短縮 URL
    1425 0 0

    アルジェリアのOPEC非公式会合で達成された採掘量凍結に関する今回の合意について、ヨーロッパ政治センターのアナリスト、マルコ・ジリ氏は市場の中期的な安定にはつながらないとの見方を示している。ジリ氏はリアノーボスチ通信からのインタビューにこう答えた。

    イランのザンガネ石油相によれば、OPECは日量採掘量を3250万~3300万レベルの幅で制限することで合意したものの、数カ国の採掘レベルに関しては未だに確定されておらず、次回のOPECの会合での決定を待たねばならない。次回のOPEC石油相会合は11月30日、ウィーンで行なわれる。

    ジリ氏は「割当量がどう分配されるかについては合意はなく、11月まで引き伸ばされている。採掘がフル稼働まで達していないのはサウジアラビア、ナイジェリア、リビア、イランの4カ国。2017年、2018年といった中期的予測で考えると市場が本当の意味で安定する可能性はかなり低い」と語っている。

    関連:

    OPEC、原油生産凍結を決定
    原油価格、米備蓄量の減少で再び値上がり
    サウジアラビア、原油減産の条件述べる
    タグ
    経済, 石油, OPEC
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント