18:24 2018年06月22日
石油

プーチン大統領、世界市場における原油の過剰を説明

© Flickr / Carsten ten Brink
経済
短縮 URL
1110

原油の供給過多と価格下落は採掘困難な原油の採掘方法確立と融資へのアクセスが容易になったこと、ならびに高い原油価格により一連の輸入国が採掘量を増大できたことにある。プーチン大統領がイスタンブールの世界エネルギー会議で述べた。

「今日の原油の供給過剰は何によるものか。答えは簡単、この十年の高い原油価格でエネルギー部門にかつてなく投資が集中した。採掘困難な原油を採掘する現代的な方法と融資へのアクセスが容易になったことで新たな、かつては採算性のなかった油田の開発が可能になった」

「このすべてが一連の輸入国に自前の採掘量を増大させ、結果的に原油の大幅な生産過剰と価格の急激な下落という状況に市場がぶつかることになった」と大統領。

関連:

日本 北極海でのロシアのガスプロジェクトへの参画を検討
中国、紀元前7世紀以来の法律が廃止
米投資会社、ルーブル大量購入を助言
タグ
経済, 石油, ウラジーミル・プーチン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント