00:48 2018年06月24日
リビア、イラン、ナイジェリア、大幅原油増産の意向

リビア、イラン、ナイジェリア、大幅原油増産の意向

© REUTERS / Essam Al-Sudani
経済
短縮 URL
0 133

リビア、イラン、ナイジェリアの政府は8月比で合計1日約70万バレル、原油を増産する意向だとウォール・ストリート・ジャーナルが情勢に詳しい情報筋をもとに報じた。

特に、国際的な制裁解除後、活発に増産しているイランは 1日400万バレルのレベルまで増産する予定だ。

リビアは一連の産油地での作業を再開する予定だ。それにより同国の生産量は1日30万バレルから70万バレルに増える潜在的な可能性がある。一方ナイジェリアは同国の主要ガスパイプラインを修理しており、パイプライン稼働により1日20万バレルの増産が可能になると、情報筋は述べる。

OPEC諸国は9月28日アルジェリアで行われた非公式会議で、1日325万から330万バレルの幅に原油生産を制限することで同意した。さらに、ウィーンで11月30日に開催される公式会合で各国に対して具体的な上限を定めることになっている。

関連:

プーチン大統領、世界市場における原油の過剰を説明
プーチン大統領:ロシアは日本への天然ガス輸出を活発に拡大する意向
中国、紀元前7世紀以来の法律が廃止
タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント