11:47 2018年06月21日
石油価格、米エネルギー省の「備蓄増」発表に反して引き続き上昇

石油価格、米エネルギー省の「備蓄増」発表に反して引き続き上昇

© Fotolia / marrakeshh
経済
短縮 URL
0 11

国際原油価格は米エネルギー省の週間石油備蓄量の一様ではない動きの発表にもかかわらず、14日も「グリーンゾーン」に位置して上昇を続けている。

日本時間13時49分の時点でブレント原油12月先物価格は0.17%上昇し1バレル52ドル12セントに、またWTI原油11月先物価格も0.61%アップの1バレル50ドル75セントの値をつけた。

米エネルギー省は13日、国内の商用備蓄(戦略備蓄を除く)が10月7日までの1週間で490万バレル増大したと発表。アナリストらの備蓄増予測は65万バレルだった。

ロイター通信が引用して報じたANZ銀行のアナリストらの見解では「原油価格は米石油備蓄の増大によらず上がる。理由は米国の燃料備蓄が今年最低のレベルまで下がったから。」

原油の関連ニュースはこちら

関連:

露エネルギー相、どの程度の期間、原油増産を凍結するのが得策か語る
ゴールドマン・サックス 原油生産量制限について合意しなかった場合の原油価格下落について語る
タグ
経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント