15:11 2017年03月23日
東京+ 11°C
モスクワ+ 1°C
    Fitch ロシアの信用格付け予想を引き上げる

    フィッチ ロシアの信用格付け予想を引き上げる

    © Sputnik/
    経済
    短縮 URL
    1385100

    国際的な格付け会社Fitch Ratingsは、ロシアのソブリン信用格付け予想を「ネガティブ」から「安定的」にまで引き上げた。投資適格レベルの最後の段階BBBの格付けが確認された。

    Fitch Ratingsの専門家らは「ロシアは、原油価格の急激な落ち込みに対応する首尾一貫した着実な政策をとった」と指摘している。

    また柔軟な通貨レートや金融セクター支援策なども指摘されている。

    ロシアのアントン・スィルアノフ財務相は、格付け予想が引き上げられたことに満足感を表し「我々は、ロシアのソブリン格付け予想を『ネガティブ』から『安定的』に引き上げたFitchの決定を歓迎する。ひと月足らずの間に『ビッグスリー』のうちの2つ目の格付け会社が、ロリアの格付けを上げる決定を下した」と指摘した。

    関連:

    ウラジオストクに日本のホテルが初登場
    プーチン大統領、西側の制裁のロシア経済への影響を語る
    タグ
    経済, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      債券金融システムの死をふまえたIMFと、死を認めず遺体にQEを注入した米日欧

       いずれ起きる危機に対し、米日欧の当局(中銀群、財務省)は準備をしていない。危機を先送りする延命策(QE)によって、力を使い果たしている。人類は誰も、来たるべき巨大な危機への対策を準備していないのか??。

      準備をしている勢力は、存在する。それはIMFだ。リーマン危機まで、IMFは米国覇権体制を維持するための国際機関(国連傘下のブレトンウッズ機関)だった。
      だがリーマン後、世界経済の運営策を決定する最高意思決定機関がG7サミットからG20サミットに代わるとともに、IMFは、G20が決定する経済政策のたたき台を作る機関へと変質した。
      (田中宇)
    新しいコメントを読む (0)