14:47 2017年09月26日
東京+ 27°C
モスクワ+ 11°C
    サウジ、原油市場安定化の意向

    サウジ、原油市場安定化の意向

    © AP Photo/ Hasan Jamali
    経済
    短縮 URL
    0 157350

    サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は、同国が原油市場を安定化する意向だとし、日曜日23日、ロシアのアレクサンドル・ノバクエネルギー相との会談で述べた。スプートニクが報じた。

    ファリハ・エネルギー産業鉱物資源相によると、会談は「OPEC諸国と他の産油国が11月末に合意を達成するためのプロセス調整において重要な点」になったとし、「今日の会談は原油市場を安定化するというサウジアラビアの意向を何よりもよく示した」と付け加えた。

    ファリハ・エネルギー産業鉱物資源相はまた、ロシアとサウジアラビア政府は、原油市場にとっての奨励信号となる立場を表すと述べた。

    10月10日ファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は、2016年末までに原油価格は1バレル=60ドルに達すると予測した。ファリハ・エネルギー産業鉱物資源相によると、サウジアラビアは産油国の原油生産安定化に関する交渉におけるロシアの建設的な役割に期待している。

    先にベネズエラのマドゥロ大統領は、 10年間原油価格を安定化させる形式を語った。

    関連:

    シェール革命の再興はいつになる?
    専門家:ロシアとサウジは米国の原油に対抗
    タグ
    経済, 石油, サウジアラビア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント