02:11 2018年10月19日
国際石油価格が下落、産油レベルの凍結合意への懐疑感広がる

国際石油価格が下落、産油レベルの凍結合意への懐疑感広がる

© REUTERS / Nerijus Adomaitis/File Photo
経済
短縮 URL
0 30

国際原油価格は、イラクが生産量に引き下げを望んでいないことから、投資家らの間にOPECが産油レベルの制限の最終合意に達することはないとの疑念が広がっていることを背景に下がり続けている。

ブレント原油の12月先物価格はロンドンのインターコンチネンタル取引所(ICE)で日本時間14時までに0.2%ダウンの1バレル51ドル34セントの値をつけた。

WTI原油の12月先物価格もニューヨーク商品取引所で同じ時刻までに6セント分落ち込み1バレル50ドル46セントとなった。

11月30日のOPEC会議が近づくにつれ、OPEC加盟国らの合意についての具体的なニュースへの期待感から原油価格はこの先も上下を繰り返すものと見られている。

これより前イラクの国営企業「ステイト・オイル・マーケティング・オーガニゼーション(SOMO)」のファラフ・アリアムリ社長はイラクは産油レベルの引き下げは行なわない姿勢を明らかにしていた。

関連:

サウジ、原油市場安定化の意向
日本貿易収支が著しく改善、対露貿易はマイナス
タグ
経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント