05:47 2020年08月10日
経済
短縮 URL
0 123
でフォローする

日本とロシアは、重要なロシアのインフラプロジェクトへ投資するため、投資基金を創設する計画。マスコミが、日本経済新聞の情報を引用して伝えた。

日経新聞によると、日本の国際協力銀行(JBIC)とロシア直接投資基金(RDIF)が、「折半で1000億円規模の共同基金を創設」するという。

基金は2017年に運営を開始する見込み。主に医療や都市開発、企業の近代化などの分野に投資される。

日経新聞によると、JBICは12月中旬のプーチン大統領訪日時に、ロシアのパートナーたちとの相互理解に関する10件以上の覚書へ署名する考え。

関連:

自民党幹事長:ロシアとの交渉で「理想的な結果」は期待していない
安倍首相、ロシアとの領土問題で「解決へ道筋が見えてはいる」
タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント