21:08 2018年06月23日
ガスパイプライン建設の露日協議は12月に開催

ガスパイプライン建設の露日協議は12月に開催

© Sputnik / Sergei Guneev
経済
短縮 URL
1170

ロシア大手国営石油会社「ガスプロム」が12月中旬に東京を訪れ、日本企業と日露間ガスパイプライン建設に関する協議を行う方向で調整を進めている。共同通信が日露関係筋の情報を元に報じた。

共同通信によると、ガスプロムの経営陣が日露間ガスパイプライン建設について協議するため訪日する方向だ。

先に報じられたところ、同時期にプーチン大統領の訪日が予定されており、12月16日には露日経済フォーラムが東京で行われると見られている。

ロシアからのガスパイプラインにより日本への安定した天然ガス供給が保証されると想定されている。

パイプラインによるガス輸送は低価格になるという利点があるが、日本は天然ガスの大きな輸入国でありながらも、日本へのパイプラインによるガス輸送は実現されていない。一方、共同通信が報じるところ、日本の与党議員や有識者の中にはエネルギー調達先の多様化の必要性に立脚して建設を求める声もある。

なお先に伝えられたところによると、日本は、ロシアのメーカー「ミラトルグ」の肉製品の輸入を近いうちにも許可する意向。

関連:

ロシアは日本との経済関係強化を期待している―ロシア大統領報道官
プーチン・安倍会談を前にした防衛計画の発表、これは偶然か?
タグ
露日関係, ガス, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント