21:12 2016年12月04日
東京+ 14°C
モスクワ-5°C
    専門家:OPEC合意は米国のシェール生産者を利する

    専門家:OPEC合意は米国のシェール生産者を利する

    © REUTERS/ Sergei Karpukhin
    経済
    短縮 URL
    266304

    OPECの減産合意は市場における原油余りを解消し、米国のシェールガス革命に拍車をかけるだろう。リア・ノーヴォスチのインタビューに応え、米国の専門家が述べた。

    OPECは水曜、来年元日より産油量を一日あたり120万バレル削減し、日量3250万バレルとすることを合意した。

    「いま市場では供給が過剰である。この決定で均衡がもたらされる可能性がある」と米国エネルギー相の元顧問チャールズ・マコーネル氏。

    また、この決定で一連の国際的傾向に刺激が加わる可能性もあるという。ある専門家によれば、この決定は、「OPECの影響圏外の生産価格、特に米国のシェールオイル採掘に強い影響を与える」。

    マコーネル氏の予測によると、安定した市場状況では、原油の価格はバレル当たり50〜60ドルで推移する見込みで、現在低迷している米国の生産者が生産を再開し、新たな掘削を行うことに弾みをつける。

    「OPECの減産合意は米国のシェールオイル生産者にとり歓迎すべきニュースだ。彼らはより多くの市場シェアを奪うチャンスを得たことになる」とNACSSA最高経営責任者でファーンオイル社副社長マイケル・ムーア氏も同意している。

    関連:

    WTI原油、10月27日以降初めて1バレル50ドルを超過
    OPECの決定に関わらず原油価格は1バレル=55ドルを超えないー専門家
    タグ
    経済, 石油, OPEC
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント
    主要ニュース