19:17 2018年08月18日
国際石油価格が下方修正、2月以来の最高上昇では週末は迎えられず

国際石油価格が下方修正、2月以来の最高上昇では週末は迎えられず

© Sputnik / Ilya Pitalev
経済
短縮 URL
120

2日の原油価格はOPECの産油レベル制限合意達成による急激な加熱から修正へと転じ、下がり傾向を見せている。

日本時間14時36分の時点、ブレント原油2月先物価格は1.17%下落の1バレル53ドル31セントに、またWTI原油の1月先物価格も0.78%ダウンして1バレル50ドル66セントとなっている。

OPECは30日、年明けの2017年1月1日から採掘量を日量120万バレル削減し、最高で3250万バレルとすることで合意に達した。

関連:

原油価格、フィッチは1バレル60ドルまで徐々に推移と予測
イラク 原油減産の用意を表明
タグ
経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント