12:45 2017年06月28日
東京+ 22°C
モスクワ+ 10°C
    円

    休眠預金活用法が成立 年500億円で民間助成

    © Fotolia/ NorGal
    経済
    短縮 URL
    1563211

    日本、休眠預金活用法が成立、年500億円の民間助成

    10年以上出し入れがない「休眠預金」を民間の公益活動に充てる休眠預金活用法が2日、成立した。NPO法人や自治体といった行政の支援が十分でない団体に助成・融資する狙い。共同通信が報じた。

    新法は交付から1年半以内に全面施行され、2019年にも助成対象団体を公募する。早ければ同年にも分配が始まる。

    金融機関では毎年1千億円程度の休眠預金が発生するという。預金者の請求があれば全額払い戻されるが、返還分を除いた年500億から600億円を活用する仕組み。

    預金者が亡くなったり、口座の存在を忘れて放置したケースが多いとみられている。

    関連:

    日本でもギャンブルができるようになる?! カジノ法案が可決
    日本 近いうちにもロシア産肉製品の輸入を許可する意向
    タグ
    経済, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント