01:36 2018年11月15日
金

金価格 10か月ぶりの安値

© Fotolia / Darknightsky
経済
短縮 URL
0 40

イタリアで国民投票が実施された後、米ドルが上昇したのを受け、5日、金価格が10カ月ぶりの安値をつけた。MarketWatchが伝えた。

金価格は、1.3%安の1オンス=1162.45ドルとなった。イタリアのレンツィ首相は、4日に実施された憲法改正の是非を問う国民投票での敗北を認め、辞表を提出する考えを示した。この決断により、総選挙が前倒しされ、EU団結にとってリスクが生じる可能性がある。

世界の主要通貨に対するユーロの為替レートは下落し、一時1.5%安の1ユーロ=1.0506ドルと2015年3月以来の安値をつけたが、日本時間で19時25分までに0.3%安(1ユーロ=1.0636ドル)となった。

関連:

トランプ次期大統領、生産拠点国外移転に対する関税35%
モスクワでOPECその他産油国の会議が開催される
タグ
経済
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント