02:25 2017年11月22日
東京+ 4°C
モスクワ+ 0°C
    米国エネルギー省の多義的データにより原油価格が微増

    米国エネルギー省の多義的データにより原油価格が微増

    © Fotolia/ Ded Pixto
    経済
    短縮 URL
    0 49011

    国内の週間備蓄に関する米国エネルギー省の多義的データを受け世界の原油価格が木曜、微増している。

    ブレント北海混合2月先物価格は日本時間14時58分現在0.08%増でバレル当たり53.304ドル、WTI原油1月先物価格は0.20%上昇しバレル当たり49.87ドルになっている。

    水曜発表された米国エネルギー省のデータでは、2日までの一週間における国内の商業石油備蓄(戦略的備蓄を除く)は240万バレル減少した。アナリストらはより小さな減少幅を予想していた。

    同時に、同国最大のターミナルであるクッシングの石油備蓄は380万バレル増加した。ロイターによれば2009年以来の高い伸び率だ。

    原油関連のニュースはこちら

    関連:

    原油先物が下落、投資家不安で
    原油価格 2015年7月以来最高値に達した後下落
    タグ
    経済, 石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント