13:23 2018年11月16日
東京

東京円10カ月ぶり115円台

© Flickr/ Balint Földesi
経済
短縮 URL
0 11

12日午前の東京外国為替市場で円相場は米金利上昇や株高を受け、一時115円62銭近辺で推移。

10時時点では1ドルに対し115円44~47銭と前週末17時時点に比べ1円1銭の円安・ドル高だった。9時30分過ぎに115円62銭近辺まで下げ幅を拡大した。アジア市場の取引で米長期金利が2.5%近辺まで上昇し、ドル買いにつながった。さらに株高と原油高が投資家心理の改善を促し、「低リスク通貨」とされる円の重荷になっている。

円は対ユーロでも安い水準で推移している。10時時点では1ユーロ当たり121円66~69銭と同13銭の円安・ユーロ高だった。

ユーロは対ドルで安い。10時時点では1ユーロ=1.0536~40ドルと同0.0084ドルのユーロ安・ドル高だった。日経新聞電子版が報じた。

 

関連:

外為10時 114円前半まで値下げ
東京円相場、イタリア投票結果を受け、対ユーロ反発
タグ
経済, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント