12:31 2018年11月17日
石油

原油価格再び上がる

© AP Photo / Hasan Jamali
経済
短縮 URL
146

米ニューヨーク州に本社を置く金融グループで、世界最大級の投資銀行ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)の予想によれば、2017年の第2四半期には、北海ブレント原油の価格は、1バレル当たり59ドルにまで値上がりする。

またWTI(米国標準油種)の価格も、1バレル=57,5ドルにまで上がるだろうとのことだ。こうした予想は、OPEC及びその他の石油産出国が採掘量を下げる決定を下したことから出された。

なお12月のWTI原油の価格は、ドルが強く、リビアでの原油採掘が拡大する見通しだとのことから1バレル=50ドル台の水準に落ち着きそうだ。

またゴールドマン・サックスの専門家らは、2017年1月半ばまでに、OPEC及びそれ以外の産油国による「減産の証が示される可能性は少ないだろう」と指摘している。また専門家らは「実際的な減産は、発表された一昼夜160万バレルの84%相当分になる」と見ている。

原油関連のニュースはこちら

関連:

国際石油価格、米エネルギー省の発表で多方向の値動き
露日 近いうちにもイルクーツク州で原油生産開始へ―マスコミ
タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント