02:28 2018年06月24日
国際石油価格が上昇、APIの備蓄激減発表の影響

国際石油価格が上昇、APIの備蓄激減発表の影響

© AFP 2018 / Karen Bleier
経済
短縮 URL
0 11

国際石油価格は21日、米国石油協会(API)の国内備蓄の激減の発表を受けて上昇している。

日本時間14時12分の時点でブレント原油2月先物価格は0.27%値上がりの1バレル55ドル50セントに、またWTI原油2月先物価格も0.34%アップの1バレル53ドル48セントの値をつけている。

APIは12月16日までの1週間で米国内備蓄は410万バレル減少したと発表した。

原油関連のニュースはこちら

関連:

原油価格 新年休暇を前に下落
リビアからの供給不具合で原油価格上昇
タグ
経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント