19:44 2018年08月15日
石油

国際石油価格、2017年産油制限合意の遵守に期待感で上向き

© Flickr/ Paul Lowry
経済
短縮 URL
102

国際石油価格は22日、前日の米国内備蓄の増加発表による下落後、産油量縮小への期待感から値上がりに転じている。

日本時間14時22分の時点でブレント原油2月先物価格は0.28%上昇の1バレル54ドル61セント、WTI原油2月先物価格も0.23%アップの1バレル52ドル16セントの値をつけている。

原油関連のニュースはこちら

関連:

原油価格 新年休暇を前に下落
国際石油価格が上昇、APIの備蓄激減発表の影響
タグ
経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント