12:27 2020年11月27日
経済
短縮 URL
0 43
でフォローする

ロシア・NATO理事会の次回会合の実施に関する協議は、新年休暇明けに始まる。

前回のロシア・NATO理事会の大使級会合は、12月19日にブリュッセルのNATO本部で行われた。2015年はこのような会合が一度も行われなかったが、2016年は3回開かれた。

ロシアのグルシコNATO大使によると、ロシアは対話のために開かれている。大使は対話について、「状況に関する我々の評価を交換し合うという観点からも重要だ。またすべての当事者が互いの動機を理解するのに役立っているかもしれない。なおこれはより生産的な会話をするための条件の一つだ」と指摘した。

先に、NATO主任監察官が射殺されたと報じられた。

関連:

NATO、露国境にこっそり接近中
メルケル首相 ロシア・NATO関係見直しを望む
タグ
NATO, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント