01:56 2018年12月14日
石油

石油価格、新年初の取引で57ドルに上昇

© Flickr / Carsten ten Brink
経済
短縮 URL
0 16

日本時間15時18分の時点でロンドン原油市場(ICEフューチャーズ)で北海ブレント原油は1バレル=57.17ドルに達した。原油価格上昇の背景にあるのは、3日、石油を日量13万バレル減産すると発表したカタールからのニュース。ブルームバーグが報じた。

ニューヨーク商品取引所(NYMEX)のWTI原油2月先物価格は48セント上がり、1バレル=54.2ドルとなった。「Rambler News Service」が報じた。

ブルームバーグが指摘するところ、2016年、ブレント原油の価格は1.5倍以上伸び、これは2009年以来の高い伸び率。

11月30日、OPEC加盟諸国はウィーンでの会合で、日量120万バレル減産し、1日あたりの生産量を3250万バレルにすることで合意した。諸国がこのような措置を取るようにしたのは、2008年以来のこと。さらに、OPECはOPEC非加盟諸国とも、石油原産で合意した。

原油価格に関連ニュースはこちらから。

 

関連:

新年休暇を前に原油が値下がり
タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント