03:54 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 14°C
    ドル

    外為、米ドル114円台後半

    © Fotolia/ Irochka
    経済
    短縮 URL
    0 130 0 0

    13日早朝の東京外国為替市場で円相場は反落して始まった。8時30分時点では1ドル対して114円73~77銭と、前日17時時点に比べ43銭の円安・ドル高だった。

    12日の米市場で長期金利は取引終了にかけて下げ幅を縮め(債券価格は伸び悩み)、ニューヨーク外国為替市場では徐々に円売り・ドル買いが広がった。米市場の流れを引き継ぎ、本日の東京市場で円相場は下げて始まった。

    円はユーロに対しても反落して始まった。8時30分時点では1ユーロ対して121円70~76銭と、同20銭の円安・ユーロ高だった。対ドルでの円売りが対ユーロにも波及した。

    またユーロ対ドル相場も反落して始まった。8時30分時点では1ユーロ対して1.0606~10ドルと、同0.0024ドルのユーロ安・ドル高だった。日経新聞電子版が報じた。

    関連:

    年明け相場、原油とドルは急伸
    NY外為:ドル下落116円台、対ロシア追加制裁の影響も
    タグ
    経済, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント