22:02 2017年09月20日
東京+ 25°C
モスクワ+ 17°C
    「シェールブーム」はもはや原油価格上昇の支障ではない?

    「シェールブーム」はもはや原油価格上昇の支障ではない?

    © AP Photo/ Keith Srakocic
    経済
    短縮 URL
    14639107

    なぜ原油価格は、米国の原油と石油製品の在庫が大きく上昇しているのを無視して数日間連続で確実に上昇したのだろうか?

    全てのコンポーネントは実質的に著しい増加をみせている。商業原油在庫は150万バレルの予想に対して400万バレル増加し、ガソリン在庫は500万バレル、そして石油精製品在庫は830万バレル増加した。

    総在庫量は1340万バレルの増加となり、2015年4月以来最大の週間増加となった。産油量も2015年春以来最大の伸びで、日量17万6000バレルの増加となった。米国の産油量は現在日量およそ900万バレル。一方で原油価格は高騰している。

    それはなぜか?もちろん投機筋の操作を無視することはできないが、客観的な理由がある。

    それは、米製油所の記録的な需要だ。報告書では処理量が日量41万8000バレル増加し、1710万バレルになったと述べられている。これほどの需要は大昔の1989年以来だ。

    在庫量の増加については季節要因が働いているため、驚くことは何もない。なおまさにこの季節要因により、製油所の需要は今後数週間にわたって維持される可能性がある。

    タグ
    経済, 石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント