05:03 2017年09月21日
東京+ 21°C
モスクワ+ 10°C
    国際石油価格、米国の対イラン制裁の危惧感から値上がり

    国際石油価格、米国の対イラン制裁の危惧感から値上がり

    © Fotolia/ marrakeshh
    経済
    短縮 URL
    0 74813

    国際石油価格は今週の最後の労働日に値上がりしているものの、投資家らの間では米国はイラクに対して新たな制裁を発動するのではないかという危機感が広がり、価格の値動きに反映されている。

    日本時間13時58分の時点でブレント原油4月先物価格は0.37%値上がりして1バレル56ドル77セントに、またWTI原油の3月先物も0.54%上がって1バレル53ドル83セントの値をつけている。

    2日、ロイター通信は消息筋からの情報としてトランプ米政権はイランに対する新たな制裁を準備していると報じている。新制裁は3日にも発効する見込み。

    原油関連のニュースはこちらから。

    タグ
    経済, 石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント