00:11 2018年09月24日
石油価格 相反する外的要因で弱い値上がり

石油価格 相反する外的要因で弱い値上がり

© Flickr/ Dana Schagunn
経済
短縮 URL
1 0 0

国際石油価格は20日午前、米国のベーカーヒューズ社発表の国内の掘削機の稼動台数の増加が市場に影響している一方で、ウィーン合意の参加国らは採掘量を採掘するという相反する外的要因を背景に弱い値上がり傾向を見せている。

日本時間14時47分の時点でブレント原油4月先物価格は0.20%値上がりの1バレル55ドル91セントに、WTI原油4月先物価格も0.17%アップの1バレル53ドル87セントの値をつけた。

原油関連のニュースはこちらから。

タグ
経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント