17:34 2017年08月21日
東京+ 31°C
モスクワ+ 25°C
    中国人民銀行中国人民銀行

    中国人民銀行 独自のビットコイン作成へ

    © AP Photo/ Mark Schiefelbein © AP Photo/ Greg Baker, File
    1 / 2
    経済
    短縮 URL
    19291519

    中国の中央銀行である中国人民銀行が2014年に結成した研究グループが、国の暗号通貨の試運転を完了した。これにより中国人民銀行は、将来的に麺から自動車まであらゆるものを購入することができる電子通貨を発行する世界初の中央銀行になることに1歩近づいた。

    ブルームバーグ通信によると、スマートフォンで支払いをすることに慣れた人たちにとって暗号通貨の使用は既存の決済システムAlipayあるいはWeChatとそれほど違いはない。

    だが売り手にとっては明らかな違いが生じる。売買の電子形式への移行は、他のインスタスを素通りして買い手から直接電子通貨を受け取ることになるため、取引を行う際のコストが削減される。

    だが今のところ暗号通貨が機能するプラットフォームの開発が続けられており、中国人民銀行はブロックチェーンの技術を研究し、形成されつつある「バブル」を懸念しながら、ビットコインの発展を注視している。

    それより前にウィーンで、ビットコインを両替できる銀行が初めて誕生したと報じられた。

    タグ
    経済, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント