21:38 2018年12月19日
ハバロフスク

ハバロフスクに温室を建設した日揮、別の分野でも協力?

© Sputnik / Aleksander Kryazhev
経済
短縮 URL
1141

ハバロフスクの先進発展領域(TOR)における野菜温室の建設に出資した日揮(JGC)が、医療サービス分野でハバロフスク地方と協力する可能性を調査している。21日午前、ハバロフスク地方政府が伝えた。

スプートニクに本

日揮の鈴木正徳取締役によると、TOR「ハバロフスク」では2016年、400トン以上のトマトなどの野菜が育った。同社はプロジェクトの第2段階となる面積2.3ヘクタールの別の温室施設の建設に着手した。

一方で鈴木氏によると、日揮は農業分野に留まる意向はなく、同社の専門家らが保健分野に関するハバロフスク地方の可能性を慎重に調査しており、協力に関する提案を行う予定だという。

タグ
露日経済協力, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント