11:03 2018年07月19日
石油

国際石油価格 米APIの発表で値下がり

© Sputnik / Maksim Bogodvid
経済
短縮 URL
0 20

国際石油価格は19日朝、米国石油協会(API)の国内石油備蓄量の増加発表を受けて値下がり傾向を見せている。

スプートニク日本

日本時間14時15分の時点でブレント原油6月先物価格は0.20%下がり、1バレル54ドル78セントに、WTI石油5月先物価格も0.17%下がって1バレル52ドル32セントの値をつけた。

APIの発表によれば、米国の国内石油備蓄は84万バレル増加し5億3160万バレルに達している。そのうちガソリン備蓄は日量精製量が33万4千バレル増加したことを受け、140万バレル増えた。

原油関連のニュースはこちら

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント