07:25 2020年02月20日
経済
短縮 URL
1324
でフォローする

仏大統領選挙の決選投票に進出した政党「国民戦線」のルペン候補は、自国通貨を復活させる意向。ルペン氏が、Le Parisien紙のインタビューで述べた。

スプートニク日本

ルペン氏は、ユーロは「死んでいる」との確信を示し、死んだ通貨はフランスおよびフランス人一人一人の負担になっているとの考えを示した。

ルペン氏は、経済に適応させるため自国通貨を復活させる意向。ルペン氏は、将来的に「通貨の管理を求める」考え。

ルペン氏は、ユーロと「日常の買い物は結びつきがなくなる」とし、「ユーロを使用するのは、国際貿易を行っている大企業のみとなる」と述べた。

先の報道によると、ブリュッセルで、フランス大統領選挙で決戦投票に進んだ政党「国民戦線」の党首マリーヌ・ルペン氏の免責特権はく奪の手続きが始まった

タグ
選挙, マリーヌ・ル・ペン, フランス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント