01:09 2020年07月10日
経済
短縮 URL
3154
でフォローする

中国の石油会社が世界で初めて南シナ海の海底から、「燃える氷」とも言われるメタンハイドレートと採取した。中国中央電視台が18日、同国国土資源省の情報として報じた。

スプートニク日本

同省地質学研究局の副局長は、「これは先に米国で起きたシェールガス革命のように巨大な出来事となるだろう。その結果、エネルギー使用メソッドは将来的に変わる」と述べた。

副局長は、この分野における中国の理論的根拠と技術の開発は「前例のない成功」に達し、その結果、中国はメタンハイドレート採取において世界をリードする位置を占めたと指摘した。

国土資源省の大臣によると、これは真剣なブレークスルーで、全世界のエネルギー革命を導くことができるということだ。国際的な研究サークルはメタンハイドレートを、石油と天然ガスの裁量の代替物だと呼んでいる。

タグ
石油, 経済, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント