06:17 2018年07月16日
国際石油価格 米石油協会の国内備蓄減に反応で上昇

国際石油価格 米石油協会の国内備蓄減に反応で上昇

© REUTERS / Sheng Li
経済
短縮 URL
0 10

国際石油価格は木曜朝、米国石油協会(API)が国内石油備蓄の減少を発表したことを受けて、値上がりしている。

スプートニク日本

日本時間14時4分の時点でブレント原油8月先物価格は0.89%上昇し、1バレル51ドル21セントに、WTI原油7月先物価格も0.97%値上がりして1バレル48ドル79セントの値をつけている。

APIの発表によれば米国内石油備蓄は5月26日までの1週間で870万バレルも減少し、5億1320万バレルとなった。

原油関連のニュースはこちら

 

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント