14:51 2020年10月28日
経済
短縮 URL
141
でフォローする

国際石油価格は週明けの5日、カタールに対するアラブ4カ国の国交断絶の発表を受けて値上がりしている。

スプートニク日本

日本時間14時42分、ブレント原油8月先物価格は1.42%値上がりし、1バレル50ドル66セントに、またWTI原油も1.43%上がって1バレル48ドル34セントの値をつけた。

5日朝、バーレーン、サウジアラビア、エジプト、アラブ首長国連邦はカタールに対して国交断絶を宣言した。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント