18:20 2017年10月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 6°C
    石油価格

    原油価格 カタールとの状況がOPECの合意履行を妨げるとの懸念を受けて下落

    © REUTERS/ Sheng Li
    経済
    短縮 URL
    0 44620

    6日、カタールとの状況悪化がOPECの減産合意履行を妨げるとの懸念を受け、世界の原油価格が下落している。

    スプートニク日本

    日本時間で13時56分現在、北海ブレント原油先物8月限の価格は0.4%安の1バレル=49.27ドル、WTI原油先物7月限の価格は0.44%安の1バレル=47.19ドル。

    5日、エジプト、サウジアラビア、バーレーン、アラブ首長国連邦、リビア、イエメン、モルディブ、モーリシャスは、カタールとの断交を発表した。

    原油関連のニュースはこちら

    タグ
    金融, 経済, 石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント