05:19 2017年10月18日
東京+ 12°C
モスクワ+ 7°C
    原油

    原油価格 上昇し始める

    © REUTERS/ Sergei Karpukhin/File Photo
    経済
    短縮 URL
    1211315

    16日午前、原油価格が上昇している。一方、投資家らは今も米国やOPEC加盟国の原油在庫量および生産量の情報を考慮しており、半年ぶりの低水準で取引が続いている。

    スプートニク日本

    日本時間13時52分の時点で、北海ブレント原油先物8月限の価格は0.13%高の1バレル=46.98ドル、WTI原油先物7月限の価格は0.07%高の1バレル=44.49ドル。

    ANZ Bankのアナリストらは、現在は米国とOPECの原油生産量増加に関する情報が、世界の原油価格に影響を与えているとの見方を示している。ロイター通信が報じた。

    タグ
    経済, 石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント