00:56 2017年08月22日
東京+ 27°C
モスクワ+ 29°C
    ブレント原油、半年ぶり1バレル=46ドルを切る

    ブレント原油、半年ぶり1バレル=46ドルを切る

    © Flickr/ 401K 2012
    経済
    短縮 URL
    0 93931

    北海ブレント原油は昨年11月29日以来の安値をつけ、1バレル=46ドルを割った。世界的な供給過剰への懸念が背景にある。

    スプートニク日本

    日本時間19時59分時点、北海ブレント原油8月先物価格は1.6%下がり、1バレル=46.16ドルになった。さらに価格は取り引き中、一時、1バレル=45.89ドルにまで下がった。WTI原油8月先物価格は1.67%下がり、1バレル=43.69ドルになった。

    リビアの大型油田での生産が再開されたことで、同国原油生産量が4年間で最大になったことが嫌気された。ブルームバーグが報じた。

    原油の関連ニュースはこちら

    タグ
    経済, 石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント