09:56 2018年11月15日
ビットコインウォレット

日本のスマートカードにビットコインウォレット追加へ

© REUTERS / Benoit Tessier
経済
短縮 URL
1511

スマートカードNFCを電子マネー、電子チケット、会員カードとして使用するのは、日本では一般的なことだ。なおSony は自社技術をスマートカードでビットコインウォレットの秘密鍵を保管するために用いる意向。

スプートニク日本

ビットコインウォレットの秘密鍵を保管するための仮想通貨「Felica Pocket Region」を使った一瞬で決済が終わる「tap-to-pay」方法の開発およびテストが成功したと発表された。
また同技術は二重支払いや、不正アクセスからトランザクションを保護するためにも使用される。

ソニーは、そのカード上のビットコインに関係する最も大きな問題は安全性だと考えている。

なお秘密鍵を決済アプリケーションに渡す必要があるため、その提供元を検証する必要があるが、それがどのような方法で行われるかは、今のところ伝えられていない。

この前、ビットコインの要点を反映する詳細な参考資料をスプートニクがご紹介した。

また、先ほどの報道によると、ビットコインの価格がわずか4日で20.3%下がり、総額80億ドルを失った。

タグ
ビットコイン, テクノ, 経済, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント