00:12 2018年09月24日
原油

原油価格は2020年に上がり始める アナリスト

© REUTERS / Stefan Wermuth
経済
短縮 URL
233

Bernstein社のアナリストは、原油価格の上昇再開は2020年になってから期待すべきだろうとの見解を示した。ブルームバーグが報じた。

スプートニク日本

アナリストは「依然として原油価格はいずれ上がるが、上昇再開はおそらく、シェールオイル生産増加が鈍化するが大陸棚での採取が終了していない2010年代末に持ち越されるだろう」と述べた。

アナリストはまた、米国でのシェールオイル生産量が伸びていることや、OPEC加盟・非加盟国の石油減産合意の効率が足りていないとして、2017年、18年の原油価格予測を下方修正した。

2017年度の北海ブレント原油の平均価格は1バレル60ドルになるという先の予測に反して、50ドルに留まるという。

2018年度の平均価格もまた1バレル70ドルになるという予測に反して、50ドルに留まるとの予測が出された。

また、2020年には1バレル65ドルになるという。

先の報道によると、サウジアラビアは石油輸出をほぼ年来の最低量にまで縮小する。

タグ
経済, 石油, OPEC, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント