15:49 2017年09月24日
東京+ 25°C
モスクワ+ 4°C
    石油

    国際原油価格が値下がり 世界の採掘量に反応

    © Sputnik/ Vitaliy Timkiv
    経済
    短縮 URL
    0 81021

    国際石油価格は7日午前、前日の急上昇後の修正枠の中で1.2%以上もカットされ、投資家らも採掘量の拡大に反応をしめしている。

    スプートニク日本

    日本時間13時58分の時点でブレント原油9月先物価格は1.21%値下がりし、1バレル47ドル53セントに、WTI原油8月先物価格も1.25%下がり、1バレル44ドル95セントの値を付けた。前日の取引ではWTI原油は3%以上の値上がりを見せていた。

    6日、米エネルギー省は国内の商業備蓄(戦略的備蓄を除く)が6月30日までの1週間で630万バレル縮小したと発表していた。

    原油関連のニュースはこちら

    タグ
    金融, 経済, 石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント